生地は厚くても軽くて柔らかい着心地

0

    こんにちは。

    作務衣ショップ店長の向江です。

     

    久留米織り作務衣のファンからお問合せを頂きました。

     

    毎年のように久留米織りを買い替えているのですが、

    冬用にもう少し生地の厚いものを一枚買おうと考えてます。

    以前に地厚の作務衣を買ったのですが、

    生地が厚い分重たいうえにごわついて肩が凝って大変だったので、

    何かおすすめがありましたら教えて下さい。

     

    高級作務衣

     

    迷ったら久留米織り!

    と言ってるくらい私も大好きで

    一年を通しておすすめしている作務衣です。

     

    生地が厚くて、

    軽くて柔らかいのを希望されるのであれば・・・

     

    こちらです。

     

    柔らかめ地厚作務衣

     

    高級ドビー織り作務衣です。

    目にした瞬間に放つオーラの違いに圧倒され、

    予算抜きに考えるなら「これが欲しい」とい思われる事でしょう!

     

    織物の産地で有名な群馬県桐生市にある

    伊田繊維さんの職人さんが丁寧に作った一枚です。

     

    それこそ日本一と言っても過言ではない!?

     

    着心地もパッと見、道着のような重厚感があるにもかかわらず、

    袖を通すと生地は厚いのに柔らかで軽いです。

     

    きっとご満足いただける事と思います。

    ▼商品詳細はこちら

     

    【お問合せ・ご注文は】

    フリーダイヤル 0120-636-889

     


    綿入りとフリースではどちらがおすすめ?

    0

      こんにちは。

      作務衣ショップ店長の向江です。

       

      朝夕の冷えに耐えられず、

      昨日から冬用の羽毛布団を出しました。

      もうポッカポカで爆睡でした。

       

      ただ一つ問題が・・・朝布団から出れなくなる(^▽^;)

       

      そんなわけで今日は

      冬用の作務衣についてご案内したいと思います。

       

      【お客様からの質問】

      冬用に作務衣を買おうと悩んでます。

      綿入りと裏地フリースではどちらがおすすめですか?

       

      2017年冬の綿入り作務衣

       

      どちらもお勧めですが、

      綿入りのデメリット(短所)は綿生地に中綿が入ってる分、

      モコモコと嵩張ることかな?

       

      次にフリースですが、

      こちらのデメリットはなんといっても静電気です。

      空気の乾燥した冬は脱ぐ時にどうしてもバチっと電気が走る事があります。

      ※静電気は個人差があると聞いた事がります。

       

      私は・・・綿入り派かも?

      暖房の効いた部屋なら肌着の上に羽織るだけで暖かいですよね。

      フリースもそうかもしれませんが綿の暖かさが好きです。

       

      ▼商品詳細はこちら

      冬用作務衣一覧

       

      電話でのお問合せも承ります。

      フリーダイヤル 0120-636-889

       

       


      裏地フリース冬用作務衣に桜柄が出ました

      0

        こんにちは。

        作務衣ショップ店長の向江です。

         

        今朝は肌寒く感じたので、

        ふと温度計を見ると18℃でした。

         

        20℃を切ってくるとさすがに冷やッとしますね。

        ちなみに北海道釧路の最低気温は9℃で三重県と11℃も温度差がある!!

         

        そんなことも影響してるのか、

        冬用の作務衣のお問合せを頂くようになりました。

         

        日本は四季があるおかげで経済高価が大きいと聞いた事があります。

        なるほど・・・ですね。

         

        ▼そこで本日ご紹介するのはこちら▼

        桜柄の女性用冬用作務衣

         

        ▼寒い冬もあったかく!!

        冬用 裏地フリース(井絣柄・桜柄)作務衣 女性用

         

        裏地がフリースになったタイプで

        数年前から定番で取り扱っているのですが、

        新たなデザイン桜柄を追加しました。

         

        色はエンジ地に白の桜柄と

        紺地に白の桜柄の二つより選べます。

         

        温かみを感じる暖色系のエンジと

        カジュアルからフォーマルまでこなす紺、

        あなたの好みはどちらですか?

         

        私は・・・どちらも好き(笑)

         

        ▼電話でもお問合せ・ご注文はこちら

        フリーダイヤル 0120-636-889

         


        冬用なら津ミルクネットで!

        0
          こんにちは。
          作務衣ショップ津ミルクネット店長の向江です。

          こんな棚が欲しいなぁ〜という時や、
          どこか美味しいものが食べたいなぁ〜という時も・・・

          何かわからないことがあると
          すぐにサクサクと検索すると教えてくれる。

          私の場合、毎日の献立は完全にクックパッド頼みだったり(^^ゞ

          それにしても世の中便利になったなぁ〜っとつくづく思う。。
          まさにドラえもんの世界ですよね。

          でも・・・嬉しいことに。。
          当店もそんな検索をきっかけにお客様にご来店頂いております。

          冬用作務衣なら津ミルクネット

          電話でのお問い合わせのお客様が教えてくれたのですが・・・

          ネットで作務衣と検索すると
          検索候補に「冬用 作務衣 津ミルクネット」と表示されて、
          それを見て電話したんだよと仰ってました。

          どれどれ・・・((((("8-(o'ω')o カタカタ

          わざわざ店名を入れて検索して頂いているなんて・・・
          なんだか嬉しくなってきますね。

          せっかくお越し頂いたお客様に
          失礼のないようもっともっと精進したいと思います。

          【電話でのお問い合わせもお気軽に】
          フリーダイヤル(通話料無料) 0120-636-889
           

          あったか冬用作務衣は女性も男性用だな!

          0
            こんにちは。
            作務衣ショップ副店長の向江です。

            食欲の冬!美味しいものがいっぱいですね。
            ファッションの冬!重ね着するので楽しみもいっぱいですね。

            娘達が大きくなると得すること?
            それは洋服のサイズがみんなが合うことでいろいろ楽しめる。

            うちは娘3人なので、
            それぞれ1枚買うと4通りのファッションが楽しめます。

            夏用のTシャツやスカートは少し無理があるけど・・・
            冬用の上着などは年齢に関係なく着れるものが多いのでいいかな?

            少しくらい若作りでも勘弁だよ〜(笑)



            入荷したばかりの裏地フリース作務衣を着てみました。

            「男性と女性ではサイズが合わない?」
            よくそんなご質問もいただいたりしますが、
            逆に部屋着や防寒着として着るならアリだと思います。

            お尻までスッポリ完全に隠れるのでものすごく暖かいです。

            ズボンの裾を広げればつま先まで入るのでおすすめですよ!
            つま先が冷えるとなかなか眠れなくて・・・私ごとですが(笑)

            色もエンジなら女性っぽくてイイと思います。
             

            | 1/2PAGES | >>

            jugem_samue_side_001.gif
            ⇒ 作務衣の通販はこちら

            ⇒ 甚平の通販はこちら 冬用作務衣と綿入り半纏 日本製 作務衣一覧 しわにならないポリエステル作務衣

            最新の記事

            カテゴリー

            バックナンバー

            コメント

            profile

            search this site.

            others